バトル・オブ・シカゴ 村井さだゆき

0

    この画像が何か、お分かりだろうか。

     

    いきなり謎かけみたいに始めてしまったが、これは今年の五月、アニメ業界のフィクサー、M2の丸山正雄さんのお供で訪米したとき、シカゴで思いもかけない出会いに狂喜して撮った一枚だ。

    そもそも今回の旅行の主な目的は、ノースカロライナ州ローリーという町で開催される「Animazement(アニメいずめんと)」というイベントにゲストとして参加するためだ。海外のアニメコンベンションといえば「Anime Expo」が有名だが、規模の大小こそあれ、全米では毎月のようにどこかで似たような大会が開催されているらしい。アニメいずめんとは、その中でもかれこれ二十年近くになるという老舗のひとつだという。この大会に丸山さんは当初から関わってらして、今回はそのゲストトークの話し相手として僕がご一緒することになったのである。
    大会は5/27〜5/29。このために美学校の授業を一日休講にした。代わりという訳ではないが、ここで土産話を披露しておこうと。

     

    アニメいずめんとについてはこちら

     

    で、シカゴだが、こっちはそのついでというか、現在丸山さんと構想中の作品のための取材旅行──いわゆるシナハンだ。内容はまだ詳しく言えないが、アメリカの架空の都市が舞台の作品。架空の都市と言ったって、本当にありそうな現代のリアルな街を描きたいので、そんなの実際に見ないと書けませんよ、と僕が駄々をこねたところ、ローリーに行く前にまるまる二日ほどシカゴ見物の日程を組んでくれたのだ。いやー言って見るもの。

     

    シカゴに決まった経緯は割愛するが、作品ではこれほどの大都会ではなく、もう少し中規模の都市がいいなと思っていた。人口50万くらいの、すべてがコンパクトに収まっていて、一日歩けば街の全体が把握できるような。
    が、行ってみると意外とシカゴは分かりやすい。町は南北に長い長方形の形をしている。1871年の大火で町が焼けた後、街路が碁盤の目のように区画整理され、そこに整然とビルが立ち並ぶ。ループと呼ばれる周回する高架鉄道(山手線みたいなものだがもっとコンパクト)に囲まれた中心街。シカゴ川を挟んでその北にマグニフィセントマイルという綺麗に整備された高級ショッピング街。そこからやや低い建物が続いて、リンカーンパークエリアのように個人住宅や広い公園、墓地がある地域に達する。
    一方南にはイリノイ工科大学やシカゴ大学があって、周囲は学園都市の様相を見せる。町の東岸、ミシガン湖と北ミシガン通りに挟まれたエリアは博物館や美術館などの文化施設と公園。ミシガン湖に突き出た桟橋にネイビー・ピアという遊園地があって、これはニューヨークで言うところのコニーアイランドのような行楽地なのだろう。
    碁盤の目の都市というと京都を思い出すがあれとはまた違う──あれはまた別の魔境だ──ボン、ボン、ボンと大きなゾーンに区分けされた街区が大雑把に置かれたような都市計画。それだけに一点の迷いもない。

     

    摩天楼のある中心街も実際に見ると印象はずいぶん違った。映画などで見るシカゴはもっとゴミゴミした、路地が入り組んだ迷路のような町という印象だったが、実際には上述のように見事に区画整理されているので、斜めに走る脇道や行き止まりというものがない。ビルとビルの狭間の路地がまた幅広くて、真っ平らな土地に障害物もないので何ブロック先まで見通せる。すべてがhuge──これぞアメリカ!
    では、あの映画やドラマに観られるシカゴのカオスな感じはなんなのか。要するに上手く撮っているのだ。改めて映画の力に感心する。

     

    で、冒頭の画像だが、これはミシガン湖添いにある国際外科医学博物館で撮ったもの。ここは観光客が多く行くような場所ではないのだが、事前に調べたときに見つけて、ぜひ行きたいとお願いして連れて行ってもらったところだ。
    古い手術道具や外科技術発展の歴史、華岡青洲の麻酔実験の紹介などもあってとても興味深かったが、その中で見つけた展示物がこれ。正解は「鉄の肺」──つまり人工臓器の肺だ。
    何が思いがけない出会いかというと、TVアニメ版「魍魎の匣」を書いている時に、人工臓器の歴史について調べたことがあったのだが、その折、これと同じものの画像を見ていたのだ。まさかこんなところで本物に出会えるなんて。
    建物の雰囲気もあいまって、思わず「ここは××の○○だというのか! 京極堂」と、関口君よろしく叫びたくなったという(ネタばれのため伏字)。

     

    「魍魎の匣」は原作自体フィクションライン(※)が高い作品だが、京極夏彦さんは膨大な薀蓄によって、あのストーリーに説得力を持たせている。説得力の鍵は、実際にあったこと──つまり事実だ。
    福来博士が透視実験を行ったという事実。
    登戸に軍の研究施設があったという事実。
    そうした現実世界との繋がりによって、我々はあの話が本当に起こったことであっても不思議ではない、という感覚に誘導されていくのだ。僕があの原作をシリーズ構成するにあたって、真っ先に「薀蓄はそのままやる」という方針を示したのはそのためだ。
    この「鉄の肺」もそうした原作の補強材の一つだった。具体例は出していないが、当時そのような研究がおこなわれていたという事実。これが大事だった。

    ※脚本コース第一期昼クラス講師の三宅隆太さんが美学校に持ち込んだ専門用語。

     

    そんな現実から虚構世界に持ち込んだ物証の一つと、思いもかけない場面で出くわすと、とても奇妙な感じがする。突然、虚構の存在がこちらに現れたかのような。ゾッとするような怖い感じ。この感覚は、ちょっとメタな──メタフィクションの面白さに通じるものがある。
    思えば、アニメの聖地巡礼などもそういう楽しさなのかもしれないが、今回のシカゴのように、全く予想外の場で出会うほうが効果は絶大なのだなと感じた次第。

     

    ちなみにこの国際外科博物館の建物、100年近く前に建てられた当初は普通のアパートだったのだが、幽霊が出るという噂のために借り手がなくなり(?)、現在の施設になったのだという。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 『シン・ゴジラ』をめぐって 高橋洋
      猫目小僧
    • 『シン・ゴジラ』をめぐって 高橋洋
      高橋洋
    • 『シン・ゴジラ』をめぐって 高橋洋
      猫目小僧

    links

    profile

    書いた記事数:14 最後に更新した日:2016/12/22

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM