ヒロインのアーキタイプ 小中千昭

0

     

     ブログ開設持以来の小中エントリ。すいません……。

     

     この十年程、私は内外の映画にかなり失望しているのだけれど、アメリカのテレビ・シリーズには今の映画には失われた、複雑な構造を見出せる事が多い。尤も、私に数シーズンにも渡る番組を見られる程の時間は無い。
     映画並の予算が掛けられた、10話程度のミニ・シリーズに見るべき作品が多いのだ。
     これはアメリカ物に限るものではなく、イギリス(主にBBC)、北欧作品でもそうした傾向がある。
     視聴者が集中して観られ、予算のバランスもとれ、幼稚化した現代の映像物語話法に囚われずにストーリーを描き得るのが、このミニ・シリーズというフォーマットなのだと思う。

     とは言うものの、私はVODサービスは殆ど使っていない。
     BS、CS放送の録画を見るだけで一杯一杯だからで、そうすると最新のものは観られない事にもなる。
     今の視聴者はこうした面で恵まれた環境がある。
     昔は観たい映画もすぐに観られなかったものだ――とか年寄りの話は置いて。


     さて今回の主題はこの話ではない。

     私は今のところご縁が無いフィルムアート社から、新刊書を送って戴いた。

     

    世界を創る女神の物語
    神話、伝説、アーキタイプに学ぶヒロインの旅
    ヴァレリー・エステル・フランケル=著|シカ・マッケンジー=訳

     

     神話や民話に見出せる「ヒロイン」達を俯瞰しつつ、ヒロインがどういう存在であるのかを考察した本で、前書きにも触れられている通りジョセフ・キャンベルが英雄譚を説いた書をジェンダー・チェンジをし、かつ現代の読者に共感し易く書かれた本だ。
     日本からはイザナミが採り上げられており、なかなか興味深かった。

     脚本を学ぼうという人にも参考になるだろう。

     

     



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 『シン・ゴジラ』をめぐって 高橋洋
      猫目小僧
    • 『シン・ゴジラ』をめぐって 高橋洋
      高橋洋
    • 『シン・ゴジラ』をめぐって 高橋洋
      猫目小僧

    links

    profile

    書いた記事数:14 最後に更新した日:2016/12/22

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM